人手不足とその対策

病院には様々な職種があり、必要とされる資格も多岐にわたる。一方、資格があれば仕事を得ることができる可能性が高く、特に看護師などはいわゆる「手に職」の代表として言われることが多い。
また、世間一般における求人倍率が低下傾向にあるとはいえ、事務職はまだまだ倍率が高い。
そんな中、医療事務の資格が注目を集めており、幅広い年齢層の特に女性にとって人気の資格となっている。一生の仕事として新卒から資格取得を目指す人の他、子育てが一段落した女性の社会復帰のための資格としても関心が高い。
もちろん、病院において中枢を担う医師は、今も昔も羨望を集める職種であることは言うまでもない。
このように職場としての病院は、資格を持っていることによって就職できる可能性が格段に上がる場所だ。
しかし同時に、高齢化社会において医療機関が求められる場面が増える一方、病院は常に人手不足にさらされている。
昨今では、病院のみならず各種の介護施設などでも医療関係者の手が要求されている。資格の強さが活かせるという点で売り手市場である反面、就職した後は大変な多忙にさらされるという現状がある。
また、この資格を武器に複数の職場を渡り歩く人も多く、特に看護師などはその傾向が強いと言えるだろう。
このような、人手不足・人材の離職率の高さという状況の解消のためには、労働環境を見直し、「大変な職場」というイメージを払しょくすることが必須だろう。
また、それに加え、雇用条件についても待遇を再考するなどして人材の定着を図ることが、より良い職場環境を整えるために必要だ。