病院での仕事のやりがい

病院での仕事は、医師や看護師はもちろん、事務や受付などもある。それぞれやりがいのある仕事だが、共通しているのは感謝される仕事という点だろう。
具体的にどんな場面でにやりがいを感じるのか、例を挙げてみる。
まず初めに、患者本人だけでなく、その家族からも感謝される点だろう。
特に看護師のように日々患者と向き合いその家族とのコミュニケーションを取っていると、退院した後感謝の手紙を貰ったり、声をかけられることも多い。看護師のように仕事に対しての頑張りや姿勢を認められる仕事は意外と少ないため、やりがいを感じる人が多いのだろう。
次に、患者の人生の節目に立ち会える機会が多い点が挙げられる。
病院は病気の治療を行い回復させるだけでなく、新しい命が誕生したり、時には最期を迎える人もいる。そういった意味で、病院は患者やその家族の人生の節目や分岐点、終着点に立ち会うことができる数少ない職場だろう。
一般企業ではなかなかこうした経験はできないため、病院での仕事にやりがいを感じる人は多い。
そして、人の役に立つ仕事であるという点も挙げられる。
もちろん他の職場でも人の役に立つことは可能だが、病院の仕事ほど人の役に立つ、人助けになる仕事はないだろう。
看護師は患者を勇気付けたり励ますことで人助けをするが、特に医師は自分の診断や手術の結果次第で患者の人生を左右してしまうほど、その責任は重い。しかしそういったことがあるからこそ、やりがいを感じるのだろう。