やりがいとその重荷

病院の仕事におけるやりがいは、患者の健康を守って良い病院生活をサポートしたり、患者や家族から感謝されることだ。まさに病院の仕事ならではのやりがいで、唯一無二の経験ができると言っても過言ではない。
しかし、仕事のやりがいが重荷となり辞職に追い込まれるケースもあるため注意が必要だ。
どの仕事でも言えることだが、特に病院での仕事におけるミスは致命的である。患者の異常の見逃しや、対応が数分遅れただけで絶命につながる可能性もある。
もちろん完璧な仕事をして患者の命をつなぐのが最高の結果ではあるが、常に良い結果を残せる訳ではない。
患者の死に直面した時、本当にベストな行動はできたのかと自分を責めてしまう医師や看護師は多い。
このような悔しい気持ちを次に活かせるのであれば良いが、そうでなければ精神的に落ち込んでしまい、パフォーマンスが悪くなる。ましてや、明確なミスで患者が不利益を被った場合、非常に大きな問題になってしまう。
仕事が怖くなってしまうと病院勤務の人材として失格なので、そのような精神状態にならないように努める必要がある。気持ちの切り替えが重要で、やりがいをポジティブに捉えなければ積極的に仕事ができないだろう。
また、戸惑いの表情を浮かべながら仕事をしていると患者も動揺してしまうため、常に明るい表情を心掛けることが大事だ。
病院での仕事はチームワークも大切なので、個人で抱えるのではなく、周囲と連携して遂行する必要がある。