仕事で求められる能力

病院での仕事は時に命に関わることもあるので、やりがいが感じられると同時に多くのプレッシャーが圧し掛かってくることが多い。ミスが許されない環境なだけに緊張感もあり、大きくストレスを溜め込んでしまうことが多いのも特徴の一つだ。
仕事の一つひとつを見ても、専門知識が必要で高度なものと言える。しかしそれ以上に難しい仕事だと感じさせるものと言えば、やはり意思の疎通が挙げられる。
同僚や上司との間では正確に情報を共有することが求められる一方、患者やその家族と話をする場合、単に情報を伝えれば良いというものでもない。相手に合わせて話をすることや、気遣いが求められる場面も多々存在している。
また、全く意図していない様に取られてしまうといったこともあるので、細心の注意が必要なことも多い。やりとりをする相手によって話し方や伝え方を変える必要があり、正解も一つではないため、本当に難しい仕事だろう。
慣れや経験が後押ししてくれる部分もあるが、やはり高度なコミュニケーション力が求められる現場であるのは間違いない。
また、コミュニケーションが上手く行かなければ感情面で大きく揺さぶられてしまうことにつながり、仕事にも影響しかねないため注意が必要だ。
コミュニケーション力は一朝一夕で身に付くものではなく、中々手が回らない部分かもしれない。しかし、十分に伸び代がある部分であるとも言える。
注意や改善を模索する上で重要になるのは、やはり余裕を持つことだ。仕事をしている一人ひとりが余裕を持てる環境が大切なのは言うまでもない。