過酷だがやりがいある仕事

病院で働くことは過酷であり、時に人の生死と関わる仕事だ。
病気の人は、体力面でも精神面でも弱くなる。そんな患者とその家族を支える看護師や医者は、肉体的にも、精神面もタフでないと勤まらないだろう。
どんな仕事も大変なことは必ずあるものだが、医療は命を扱う仕事だ。取り返しがつかないこともあるだけに、緊張も強いられる。
しかし、病院での仕事は決して辛くて大変なことばかりではない。
患者とのコミュニケーションを楽しく感じることは多々あり、受け持ちの患者の経過が良くなり退院の運びとなると、喜びを感じることができる。
患者やその家族からも感謝されるだろう。患者の人生の一ページに自分との思い出が残ると考えると、やりがいもひとしおだろう。
患者とのコミュニケーションだけでなく、大変な仕事を分け合うことで、共に働く仲間との絆も深まる。
このように病院で仕事をすることで、濃厚な時間を過ごせるだろう。
どんな仕事も感謝されることは多々あるが、命に関わることは格別だ。
「無事に退院できたのもあなたのお陰」「お世話してくれてありがとう」と、心からの感謝をされるだろう。こんなに人に感謝される仕事もそうそうない。
大変で辛いことも多いが、そこにやりがいを感じて仕事のモチベーションを保っている医療従事者も多いはずだ。
病院で働くことは決して楽ではないが、その分沢山のやりがいがある。辛いことばかりではなく嬉しいことも楽しいこともあるのが、病院という職場だ。
このように病院は医療従事者がやりがいを持って活躍できる職場であるため、勤務先として選ぶ人が多い。